Insta360one Xをしばらく使ってみて(今回は弱点がお話の中心)

みなさん、こんばんは。

久しぶりのブログ更新となります。

やはり、YouTubeとSNSを管理していたらなかなか、こちらまで手が出ませんね。

すみません。

 

さて、先日から3回連続で360度カメラの新機種「insta360oneX」のレビューをYoutubeへアップしました。

 

 1回目は開封から前作との比較を。

2回目はハイパーラプス、タイムシフト(タイムワープ)のアプリ内編集の方法を。

3回目はMavic Proへ搭載して360度空撮を行った様子をそれぞれアップしています。


これ以外にも、いろんなところで使用してみましたが、今回はこれまでのレビューではご紹介していない「弱点」について触れていきます。

前置きしておきますが、今回の「Insta360one X」は決して悪い商品ではありません。

ですので、改善してほしい!というレベルと思って参考にしていただければ、と思います。

 

弱点その1

「バッテリーの持ち、悪し!」

前作もこの点に関しては同様かもしれません。

連続撮影1時間可能とカタログには記載してありますが、実際には1時間も持ちませんね。

これは、先日長時間のタイムラプス撮影に使用した際に確信しました。

フル充電の状態から撮影開始して40分ほどで充電切れとなりました。

予備バッテリーが11月末に発売予定ですが、それまで長時間撮影は控えたほうが良いかもしれません。

 

弱点その2

「PC用の専用編集ソフトが現状、Beta版(機能限定版)しかない」

前作のoneでは、専用編集ソフトの完全版(無料)がすぐにリリースされた記憶がありますが、

この記事を書いている11月上旬現在では、Beta版(機能限定版)しかありません。

oneのソフトではoneXのファイルは編集できませんので、この点は不便です。

Beta版の場合、360度映像の書き出しと各種視点による切り出し、トリムくらいしか機能がありません。

したがって、視点を動かしながらの編集(Pivot Point、Smart Trackなど)やハイパーラプスなどはスマホアプリ上でしかできません。

私の場合はFCPXでも作業できますが、いちいち360度映像をmp4で書き出してからFCPXに移す必要があるので、早急に完全版をリリースしてほしいものです。

Adobe Premireには専用プラグインがあるので、そこまで苦にならないのかな?

 

弱点その3

「光が強い日中だとLog撮影必須?」

これはどの360度カメラでも言えることかもしれませんが、光量が強い日中に使うと露出オーバーしがちな感じです。

oneXはF2.0(oneはF2.2)固定ですので、日中で使うならNDフィルターがほしいところですが、現状360度カメラ用は販売されていません。

これを対策するにはLogで撮影して、編集の際に色づけや明るさでごまかすしかないのかな~と感じています。

ただ、さくっと編集してSNS等にアップしたい!という方にはこの点はデメリットになる、とも言えそうです。

逆に暗所には強いので、夜間の撮影には威力を発揮するかもしれませんね。

 

以上、今のところ私個人が感じているinsta360oneXの弱点を列挙してみました。

 

次回のYouTube更新時にはこのinsta360oneXで撮った映像と、Mavic Proで撮った映像で編集した作品をアップする予定ですので、そちらも参考になれば幸いです。

 

それでは、今回はこの辺で!